第2土曜日19時:30~ ぺリプリスペース中♪

『お産が怖い』について考える

新人助産師

お産が怖いよ

新人助産師

母児の命がかかっているなんて、私には荷が重いよ

キャリー

そうだよね…私も『お産が怖い』

キャリー

でも…いつもとは違う視点で『お産が怖い』ということを一緒に考えてみない?

この記事は、こんな悩みの方におススメ!

  • 『お産が怖い』という漠然とした不安がある方
  • 分娩介助に苦手意識がある方
  • 助産師という仕事の責任の重さに潰れそうな方
  • 『助産師はお産取れるべき』という風潮に辛さを感じている方
目次

お産が怖いー責任の重さに耐えられません

分娩は何があるか分かりません。『お産を怖い』と感じることは、私は当然だと考えています。

お産を怖くないと思う助産師がいたら、私はその人に分娩介助してもらいたいと思いません。

確かに、『母児の命を預かる』って責任重大です。でも、その責任感がなければ、助産師に限らず医療の現場では働けないと思っています。そして、この責任感が私たちを成長させてくれると考えるからです。

でも、『お産が怖い』・『責任の重さに耐えられない』のが辛いなら『助産師向いていないから、辞めたほういい』と主張したい訳ではありません。

私が伝えたいのは、別の視点から『お産が怖い』ことと『責任が重い職業』ということに向き合ってほしいということです。

私が考える『お産が怖い』

『お産が怖い』という意識が強い助産師は、2つのタイプに分かれると思います。

キャリー

これは、持論で『怖い』という助産師を否定したい訳ではありません。

『怖い』という感情に支配されているタイプ と 『怖い』からこそ慎重になれるタイプ です。

前者は感情だけで、そこから思考が止まっているので成長がありません。

後者は論理的に『怖い』お産にならないようにするには?と考えられるタイプです。

リスクに敏感なので、少しの異常でもキャッチする『高いアンテナ力』と予防的に関わる姿勢から『先を見通す力』が備わっています。

キャリー

私は『お産が怖い』と認識しながら、この2つの力が弱いので…『高いアンテナ力』『先を見通す力』を磨いている最中です。

私が考える『責任の重さに耐えられない』

責任感があるのは、非常に大切なことですが…1人で責任を取ろうと考えるから、しんどくなるでは?と私は思っています。

キャリー

責任転嫁すればいいと言っている訳ではありません!

新人時代、赤ちゃんの心音の回復が悪くて、急速遂娩になったことがありました。赤ちゃんは気管挿管し、NICUに入院しました。その分娩の後、『責任の重さに耐えられない』と泣いてしまったことがありました。その時、尊敬する助産師(現 副師長さん)に喝を入れられた日のことを思い出します。

副師長

キャリーさん、1人で分娩介助してる気になってない?新人助産師が1人で責任とれるほど、分娩甘くないわよ。なんのために、Drがいて、私らがいるんよ…

泣いているメンタルに、ガツンと言われたので、心がポキッていくところですが…言われたのが尊敬している副師長さんだったからこそ、納得した部分がありました。

なぜなら、この副師長さんこそ、誰よりも『高いアンテナ力』と『先を見通す力』で分娩に向き合う姿勢を後輩に示してくれているからです。

キャリー

今振り返っても、1人で責任取ろうなんて『おこがましい』ですよね。思い出しただけで、恥ずかしいエピソード。

責任を持って取り組む姿勢は大事ですが、責任の重さに潰れる必要はないことを教えられました。

チームでより安全で快適なお産を目指す。

だって、1人で母児の安全を守るなんて、その考え方が安全じゃない。

『お産が怖い』・『責任がある』からこそ努力していること

キャリー

一応助産師の端くれとして、意識していることがあります。

  • お産の振り返りをチームですること
  • 振り返りから、次に生かせる部分を考えること
  • CTGモニターと血液ガス結果、赤ちゃんの状態を繋げて確認すること
  • バースレビューを通して、産婦さんに分娩の評価を聞くこと
  • 産科医療保障制度の提言、報告書を読むこと
  • 『怖いお産』の話を聞いて、自分が現場にいたならどう動くか頭でシミュレーションすること

どれも正直面倒だし、大変ですが…『お産が怖い』・『責任がある』からこそ、できることだと思います。

これをやることで、必要以上にお産を恐れなくなったし、責任感で潰れることはなくなりました。

『お産取れない』=『助産師失格』ではない!!

キャリー

助産師だから『お産介助できて当たり前』という風潮や考え方に私は違和感を覚えます。

助産師ってお産とるだけが仕事じゃない。

助産師としての専門性は、『母乳育児』『育児相談』『性教育』など多方面で発揮できる。

これらの領域で専門性を発揮するために、お産をとらない助産師はたくさんいます。

キャリー

私には、得意と自信を持っていえるものがないので、これらの専門領域で働く助産師を尊敬しています。

仮に、お産が怖くて別の領域を選んでもいいと思います。それは、能力の問題ではないと思うから。

『お産が怖い』から離れるという決断も勇気も、責任のある行動だと思います。

個人の能力の問題じゃなくて、『お産が怖い』ことで能力が十分に発揮できない心身の状態が問題。

それを理解し、離れるという決断をした人を誰が責めることができるのだろう。

キャリー

『お産取れない』=『助産師失格』ではない!!声を大にして言いたい。

私らしい助産師を見つけるために

私らしい助産師の働き方を見つめる。

ワークライフバランスに応じた働き方を考える。

極めたい助産師の専門領域ができる環境を見つける。

そんなことを、3月8日(産婆の日)に考える助産師キャリーでした。

キャリー

私らしい助産師を見つけるために、職場探しのポイントや転職について、今後記事を書いていこうと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

地域周産期センターで働くアドバンス助産師です。今春、助産師9年目になりました。コロナ渦で、オンラインという形で助産実習に関わりました。実習が満足にできない環境で、努力されている助産学生さん、新人助産師さんの役に立ちたいという思いで、このブログを立ち上げました。8年間助産師をしてきた私のマインド、考え、情報を発信していきます。

コメント

コメントする

目次